鍼灸院、通う頻度は「週1」?「月1」?? 通いすぎるとクセになるは「ホント!?」その2

最終更新: 2019年11月1日



鍼灸院、通う頻度は「週1」?「月1」?? 通いすぎるとクセになるは「ホント!?」その1 を先におよみください





「どのくらいの頻度で通ったらいいの?」


「できるだけ通う回数は少なくしたい」


「1回で治したい」


「早く、最短で治したい」


「治療効果を最大限に引き出したい」


「リラックスした状態を長続きさせたい」


「どういう通い方が効果をあげられるの」


「一回やったら1ヶ月ぐらいは楽でいたいな」




皆さんさまざまな疑問や希望があると思います。


これらをまとめると、


  • 「私の体の楽な状態はどのくらい続きますか?」


  • 「その状態を維持するために最も効率的な通い方は?」


大きくこの2つの質問にまとめることができると思います。



結論からいいますね

効率的な通い方は

初回日→初回日の翌日→初回日の翌週→初回日の翌月

にできるだけ近づけた通院プランが望ましい


です。



結論だけ知りたい人はこの先の記事は関係ありませんので、ここから先は理由も知りたいという人だけお読みください。


まずは、前者の「どのくらい楽な状態が続くか」と言う質問に絞ってお話ししていきます。


患者さんにとってはどのくらいの長さの期間、楽な状態が続くかと言うのはとても関心のあることだと思います。



一方で治療家はこの質問を別の見方で捉えています。

どうしたら、楽な(快適な)状態を維持できるか?


患者さんはどのくらいこの楽な状態が続くのかということを治療家さんに質問しますが、


この質問のホントの意図は

「どうしたらこの楽な状態を長続きさせることができるだろうか」

と言う疑問から出てきているのではないでしょうか。



ですから、治療かさんはどのぐらい続きますかと言う質問に対して経験則から1週間とか1ヵ月などと答えたりします。


患者さんが聞きたい事はそんなことでは無いのに…




それならどうしたら楽な状態は維持できるのでしょうか