美容鍼、通う頻度は「週1」?「月1」?? 通いすぎるとクセになるは「ホント!?」その1

最終更新: 8月20日




はり香ブログをご覧いただきありがとうございます。



『小顔になりたい!』

『老けたくない』

『むくみが気になる』

『根本から肌質を改善したい!!』


お顔の悩みは、もはやお肌表面だけの問題ではありません。


最近では食事法や睡眠改善など、体質改善によって肌トラブルを予防することは当たり前のようになりました。

美容鍼もそのような流れから注目を集め始めています。


こちらのブログ記事では「身体本来のチカラを呼び戻し、見た目も機能も向上する」ためのアイディアを集めました。

その中から実生活に役立ちやすく、安心して取り組めるものを抽出して記事にしております。


「気になる!」「役に立ちそう!」と思える知識を見つけましたら、ぜひ実践してみてください。

どんなに些細な事でも、バカバカしいと思うくらい小さな事でもどうかぜひ実行してみてください。

新しい(懐かしい)感覚がカラダの奥からきっと元気を呼び覚まします!!




 マッサージや鍼灸治療をよく利用される方も、いわゆる治療院などとは縁が遠く、初めてマッサージを受けるという方も、皆さま次の様な疑問を持っているのではないでしょうか。



初めて治療にいらした方にはこの様な質問を受けることがしばしばあります。

どのくらいの頻度で治療に通えばいいのでしょう?」

口にはされませんがこんな疑問をお持ちだったり、、

「(あと何回通えば治るのかな、、、。)」



「あまり通いすぎると、クセになると聞いたことがあるんだけど

「予算や時間も限られていて、最も効果的な通院頻度や回数が知りたいです」

プロの治療家でもはっきりとした答えを持っていないのではないでしょうか


初めての治療院、よくわからないことだらけですよね。


それでは鍼灸院に、通う頻度は「週1」が正解?「月1」が正解?でしょうか。

いったいどの様な頻度で通えば良いのでしょうか。




「通いの頻度」にお答えする前に、

先に、皆様からのご質問が多い鍼灸にまつわる疑問にお答えします。



「あまり通いすぎると、クセにならないでしょうか(治療を受けないと持たないような依存する体になってしまわないか。又、自己治癒力が低下しないだろうか)」という疑問は鍼灸師の私たちの中にも様々な意見があるトピックです。




■針灸治療と習慣性




Q

「針灸治療はクセになり、一度治療を受けるといつまでも続けなければならない」と聞きましたが、本当ですか?



A

「癖になる」というのが、「1回治療を始めてしまうと、治療を中止した後は前より具合が悪くなる」という意味であれば、そんなことはありません。

針灸治療を受けるとコリがほぐれたり、痛みが軽くなったり、疲れが取れたりと、いろいろ心地のよい効果が出ます。


 いわば、健康に近い状態に戻る訳です。

そして、誰もが、その状態を望ましいと思うでしょうし、望ましい状態であれば、その状態を維持するために繰り返し治療を受けたくなるのは当然のことと思われます。


一度治療を受けると、身体の不快な部位がよくなっていくためまた治療を受けた<なる訳です。

このことを、「クセになる」という人がいると思われます。


類似のことを考えてみますと、お風呂に入ると気持ちがよいし、清潔になるから、「お風呂に入る」のと似たような印象を受けます。


誰も、「お風呂に入るのがクセになる」とは考えないでしょう。



麻薬のように、中断することで前より状態が悪くなることはありません。


中断することで禁断症状が出ることもありません。


欲しくてたまらなくなるという依存の生じることもありません。



ふつうは、よい状態が続くと治療の回数はだんだん減ってきますす。



本当によくなれば治療をしなくとも済むようになりますが、日常生活の上で養生する時間が足りてない方はご自分のチカラでは元に戻せないような強い疲労や不調が現れて来ることがあります。



虫歯を直しても歯磨きやクリーニングを全くしなければ又虫歯になってしまう可能性があるように、結果的にお体も疲労回復としてのメンテナンスが必要となり、来院される方もおります。



実際にハードワーカーの方ほどメンテナンスの頻度も高くなる傾向にあるのですが、これも最もなことだと思います。



針灸治療に関しては、「癖になる」と心配することはありません。


とても大切な事なので先にお話ししましたが、このことは今からお話しすることと深いつながりがあるようです。





さて、ここから本題




■鍼灸治療や美容鍼を受ける頻度



Q

針灸治療は、どれぐらいの頻度で受ければよいのでしょうか。



A

身体の状態にもよりますが、週に1~2回治療のために来院する患者さん、月に1~2回養生やパフォーマンス向上のためのクライアントさんが多いようです。

ギックリ腰(急性腰痛)や寝違いのように急性で症状の激しい場合、数日間は毎日治療をしたり、1日おきに治療をすることもありますが、それ以外では週に1-2回の来院が多いと思います。


病気の状態が落ち着いていたり、慢性的なものであれば、2-4週に1回とし、その間は自宅でお灸をしたりストレッチやヨガをしてもらいます。


遠方であまり来院できない場合は、ツボだけ取って、あとは自分でお灸をすえてもらうこともあります。こういうケースでは年に2-3回の来院ということもあります。


たまにしか来院しなくとも、自分で一生懸命セルフケアをしているとよくなってしまうことも多いようです。



最近では、ヨガやジョギングなどを生活の中に上手に取り込み、治療ではなく養生のためのボディワークも盛んになってきています。


以上は私の経験した中での一般的な傾向ですが、

治療の頻度というのは病気によってまちまちです。


治療者と相談の上、適切なものを決めればよいと思います。


一般には、治療の回数や頻度は多いほうがよい経過をたどる傾向があります。





結論

リラク・コリ・疲労、1回〜通うことのできる頓服的な使われ方です。


美容のためなら、2-4週に一回のペースを8週間続けて行きます。大事なのは、セルフケアや自分の習慣を変えていくことをこの8週間でいかに定着させるかです。


体質修復・改善を目標とされている方、半年間ほどのスパンをかけてじっくり身体を診ていきます。通いの頻度は4週に1回や月に1回で行われることが多いようです。




あなたに合った治療家とメニューを探してみてください。


治療家紹介ページ

https://www.harika.care/staff


メニュー紹介ページ

https://www.harika.care/menu



13,857回の閲覧

 

© 2019 harika with Qiroom Qinowa.