秘技!耳くるくるマッサージで不調を撃退!

更新日:3月23日


こんにちは!はり香 の谷です(^ ^) ようやく季節は春に向かって進みつつあるようですね!

嬉しい反面、春は何かと不調の出やすい時期でもあります。

暖かい日と寒い日が交互に訪れ、段々と季節が移ろいで行きます。


そんなときに最適な、気圧の変動などによる頭痛やめまいなどを改善してくれる簡単なセルフケアをご紹介します。

題して!「耳クルクルマッサージ」です!




耳周りの血流が悪いと、耳の中のリンパ液の流れも悪くなり滞りが発生します。

それにより、めまいや頭痛を引き起こされてしまうのです。

 

耳は全身の縮図といわれており、耳には全身の臓器に対応するツボがたくさんあります。


耳には自律神経の線維が分布しており、耳たぶを含めた耳の外側部分には交感神経(活動力を高める神経)の線維が、耳の穴を中心にした中心部には副交感神経(心身をリラックスさせたり、内臓の働きを促したりする神経)の線維が密集しています。


 

外側をもむと交感神経の支配領域である手足に反応が現れ、中心部をもむと副交感神経の支配領域である内臓に反応が出るのです。 耳は胎児が逆さになった形の相似形だといわれています。


耳たぶは頭部に当たるため、耳たぶをもむと脳に作用して、脳血流がよくなったり、脳の機能が活性化される効果が期待できるそうですよ!

やり方

まず耳全体をもんで、ほぐします!


1、耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張ります

2、そのまま軽く引っ張りながら、前と後ろに向かってゆっくりそれぞれ5回まわします

3、耳のてっぺんと耳たぶがくっつくように折り曲げ5秒間キープ!

4、耳全体を手のひらで覆って、ゆっくり円を描くように前と後ろに向かってそれぞれ5回まわします 耳のつけ根もよくもむと、頭皮がゆるんで頭皮の血流もよくなりますよ。

また、夜寝る前にもめば、リラックス効果で寝つきもよくなります。


 

大事なことは、毎日、耳に触ることで、自分の体と向き合うことかもしれません。

毎日、耳に触っていると、耳がいつもより硬い・軟らかいなどの変化に気づくようになります。


セルフケアで自分の身体を知ることが、本当の健康と美しさへの第一歩になると思います(^^)


閲覧数:43回0件のコメント