top of page

噛み締め、肩こりに、ツボ【合谷】

更新日:2022年3月23日

最近ストレスや緊張感から、知らぬ間に食いしばってしまい、嚙みしめが慢性化している方が多く、鍼治療を望む方が増えました。


食いしばると、噛む時に関与する多くの部位、頭や首にまで凝りが出やすく、負担も大きくかかるため頭痛や肩こりの要因にもなっています。


 

こんにちは治療室はり香の谷です(^ ^)


本日のおすすめツボは、そんな辛い食いしばりの解消に最適なツボ【合谷】(ごうこく)をご紹介します!

【合谷】

場所は、親指を人差し指の間で押すとツーンとした痛みを感じる部位です。


眠る時にマウスピースを使用している方も日中のケアに是非合谷を押してみてください!

口を開けるのが楽に感じて頂けるかもしれません。


噛み締め時に関与する顎の関節は、食事の際や力を使う時、踏ん張る時などにぐっと嚙みしめていて、実は日々酷使されているのです。


無意識に噛んでしまうと思いますが、噛んでいる事に気づいた時にはどんなスチュエーションで嚙みしめているか、どんな時に緊張しやすいかを知っておくのも大切かもしれません。


緊張しやすい場面の前に、リラックス作用のあるアロマを嗅いだり、好きなお茶を飲むのもストレスの高い方にはオススメです。


また、合谷は歯の痛み止めとして有名なツボですが、気の上がりを下げるツボとしても有名なので、イライラしてしまう時にも有効ですよ!


 

はり香では、嚙みしめの治療をする際には美容鍼を使って頬の筋肉だけでなく、顎関節や頭や首にもしっかりと鍼をして噛み締めに関与する部位をしっかりとケアしていきます。


日々のケアで【合谷】ツボ押し、たまにはしっかり私達プロにお任せで、しっかりケアも取り入れて頂くと、お辛い症状改善への近道になると思います(^^)

閲覧数:135回0件のコメント
bottom of page