top of page

出産時に制度や、病院が決めたルールによって不快に感じたもの

私たちHarikaではマタニティ マッサージを受けに多くの妊娠中の患者様がおいでになります。 出産時、どのような不安や悩みをお持ちなのか、調査するために、妊娠中クリニックで抱える問題や悩みなどを調べてみました。


病院では、より重い疾患や悩みに対処をしなくてはならないため、多くの人が悩む軽度の症状などは我慢したり、妊婦さん自身も見過ごしたにしがちです。


そのため 制度的に移送されやすい症状やお悩みなどを、できるだけ私たちが築けるように、皆さんが抱えやすいお悩みを調べてみました。


その結果、感情面や心地よさ、快適さなどの面が見過ごされる傾向にあることがわかってきました


世界一の出産環境でも不満なところ


日本の出産環境は高い医療水準を誇りますが、制度や病院のルール、サービスによっては、一部の出産を経験した女性たちが不快に感じることもあります。以下は、一部の女性が感じる可能性がある不満や不快な点の例です:


  1. **病院の食事:** 一部の病院の食事は栄養バランスを重視しているため、味が薄かったり、あまり美味しくないと感じることがあります。

  2. **担当医師の経験:** 若手の医師や新人の助産師が担当となる場合、経験が浅いために他のスタッフにアドバイスを求めることがあり、これにより患者が不安に感じることがある。

  3. **痛みの管理:** 体の特定の部位が痛む場合、マッサージやリハビリテーションではなく、痛み止めや薬での対応を主に提案されることがあります。

  4. **面会時間:** 一部の病院では、面会時間が厳格に決められており、家族や友人との交流が制限されることがある。

  5. **入院中のプライバシー:** 個室ではなく、複数人部屋での入院となる場合、プライバシーの確保が難しく、他の患者や家族との騒音などでストレスを感じることがある。

  6. **出産後のサポート:** 産後のサポートやケアが不十分で、母乳育児のアドバイスや産後うつのサポートが不足していると感じることがある。

  7. **料金体系:** 一部の病院では、追加のサービスや特定のケアに対して追加料金が発生することがあり、料金体系が複雑で理解しにくい場合がある。

  8. **病院のルール:** 一部の病院では、持ち込みの食事やドリンクが禁止されていたり、特定の持ち物が制限されていることがある。


これらの点は、病院や医療スタッフの方針、制度、サービスによって異なるため、全ての女性が不快いさを感じるわけではありません。しかし、これらの点を考慮して、自分のニーズや希望に合った病院を選ぶことが重要です。そして、私たちも意識を向けるべきです。


このほかに

  1. 同室の患者との相性: 複数人部屋の場合、同室の患者やその家族との相性が合わないことがあり、それがストレスの原因となることがある。

  2. 退院後のフォローアップの不足: 退院後のケアやサポートが不十分で、特に初めての出産の場合、自宅での新生児のケアや母体の回復に不安を感じることがある。

  3. 設備の古さ: 一部の病院では、設備や部屋が古く、快適さに欠けることがある。

  4. スタッフの態度: 通常、医療スタッフは専門的で親切ですが、時折、忙しさや疲れからか、患者に対する対応が短気であったり、不親切に感じることがある。

  5. 言語のバリア: 外国出身の女性の場合、日本語が不得意なため、医療スタッフとのコミュニケーションに困難を感じることがある。

  6. 文化的な違い: 日本独特の出産や育児に関する文化や慣習が、外国出身の女性にとっては新しく、理解しにくいことがある。

  7. 待ち時間: 予約時間にも関わらず、診察や検査の待ち時間が長く、それがストレスの原因となることがある。

  8. 情報提供の不足: 出産や育児に関するクラスやワークショップが不足している、または提供されている情報が十分でないと感じることがある。

妊婦さんは高度な医療やハイクオリティな施設などを求めているわけではなく、当たり前のことをしっかりとやってもらいたい。ちょっとだけ辛さを緩和したい、といった小さな望みがあることが見えてきました。


妊娠中のストレス発散方法


妊娠中は体の変化やホルモンの変動、出産に対する不安など、さまざまな要因でストレスを感じることが増えることがあります。以下は、妊娠中のストレス発散方法の一部です:


1. **リラックスできる趣味を楽しむ:** 手芸、読書、絵を描くなど、リラックスできる趣味を見つけて楽しむことで、心を落ち着けることができます。


2. **適度な運動:** ウォーキング、妊婦ヨガ、水中運動など、妊娠中でも安全に行える運動を取り入れることで、ストレスを和らげることができます。


3. **深呼吸や瞑想:** 深呼吸や瞑想を行うことで、心を落ち着け、リラックスすることができます。


4. **マッサージ:** 妊娠中専用のマッサージを受けることで、筋肉のこりや緊張を和らげ、リラックスすることができます。


5. **音楽を聴く:** 好きな音楽を聴くことで、心を落ち着けることができます。


6. **日記を書く:** 感じていることや考えていることを日記に書き留めることで、自分の気持ちを整理することができます。


7. **サポートグループに参加:** 妊娠中の女性同士で情報や経験を共有するサポートグループに参加することで、共感やアドバイスを得ることができます。


8. **十分な休息をとる:** 必要に応じて休息をとり、十分な睡眠を確保することで、体と心の疲れを癒すことができます。


9. **カウンセリング:** ストレスや不安が強い場合、専門家のカウンセリングを受けることで、適切なアドバイスやサポートを受けることができます。


10. **リラックスできる環境を作る:** アロマテラピーを使用したり、リラックスできる空間を作ることで、心地よい時間を過ごすことができます。


妊娠中のストレスは、母体だけでなく胎児にも影響を与える可能性があるため、適切なストレス発散方法を見つけて、心身ともに健康な妊娠生活を送ることが重要です。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page