マタニティ期の症状〜つわり

こんにちは✨


銀座治療室はり香の永田です☺️


本日はマタニティの時期に感じる、つわりのお話です🍀


つわりは、妊娠5,6週から始まり12~16週までには終わると言われています。


約90%の方に起こります。


感じ方は、とても個人差があり比較的軽めの方もいれば、気持ち悪さや吐き気を感じたり、臭いに敏感になったりします。


また妊娠悪阻(にんしんおそ)という吐き気や嘔吐症状があり栄養状態に影響も出て治療が必要な方もいます。


妊娠に伴いプロゲステロンが増加することで、胃の平滑筋弛緩作用によりつわりがおこると言われています。


つわりは妊娠初期に感じるので、初めは体の変化に驚いたり、仕事への影響など不安に感じる方もいらっしゃると思います。


食事が食べにくくなる方もいますが、妊娠初期の赤ちゃんはお母さんの元々の体の栄養を得て成長しています。


なので、食べられる範囲での食事で良いと助産師さん言ってもらい私も安心したのを覚えています😇✨


味の好みも変わりますね。


味付けのこいものや、脂っこいものなどは控えたくなり、酸っぱいもの、さっぱりとしたものを求める方が多いですね。


あれが食べたいっと思うと頭から離れずになるのが、なんとも不思議でした。


私は子供の頃に食べたクルミ餡の入ったお餅がどうしても食べたくてネットで検索したのを覚えています💦


つわりの辛い時期ですが、1度の量を食べにく方は少量の食事で回数を増やしたりしてみてください。


水分が苦手になる方はノンカフェインのお茶やハーブティーを飲むのもオススメです。


はり香ではノンカフェインの阿蘇山草茶をご用意しております✨


マタニティアロママッサージは妊娠16週から受け付けておりますので、ご自宅でできるケアをご紹介します。


つわりには内関のツボがオススメです✨


酔い止めのツボとして有名ですが、つわりにも効果的ですよ☺️


内関~

手の平を上にし、腕の中央、手首の線から肘に向けて指3本分の所にとります


優しく押したり、置き鍼を張っておくのもオススメです✨


幸せなマタニティライフを過ごせるようサポートさせていただきます☺️

5回の閲覧

 

© 2019 harika with Qiroom Qinowa.