コレステロールって悪いヤツ?

コレステロールって身体に悪いの?

それとも、もしかして良いこともしてくれてるの?


こんにちは、はり香、谷です。


コレステロール、なんとなく響きだけで悪者⁈

と思っている方も多いかと思います。

実はコレステロールは”良いやつ(善玉HDL)”と“悪いやつ(悪玉LDL)”に、その働きが分かれます。


コレステロールそのものは身体にとって必要な物質で、細胞膜や種々のホルモンの原料となる、必要不可欠な物質!


女性は痩せ過ぎたりすると生理が止まってしまったりするのも、このコレステロールの極端な減少も一因と考えられています。

そんなコレステロール、善悪それぞれに決まった働きがあります。



”良いやつ(善玉HDL)”の働き

全身のコレステロールを肝臓まで届けてくれる回収屋さん。

血管に溜まりにくくしてくれます。

“悪いやつ(悪玉LDL)”の働き

肝臓のコレステロールを全身に運んでしまう散らかし屋さん。

血管に溜まりやすくなり、動脈硬化の原因を作ってしまいます。

このように、身体の健康を下支えする良いコレステロール。

毎日の食事でコントロールしてみましょう!

善玉コレステロールHDLは、青魚や大豆製品、アーモンドやアボカド、などに多く含まれています。

比較的取り入れやすい食材に含まれている様なので、毎日の食事に積極的に取り入れて、昨今の様々なリスクから身体を守りましょう!

毎日の食事と同じように、鍼灸治療やマッサージも日々を健やかに過ごすためのセルフケアの一環として、定期的なメンテナンスを行うことが長い目で見て、良い結果を生むと考えます。


はり香スタッフ一同、皆様の健やかな日常を全力でサポートさせて頂きます(^^)

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示