“むくみ”ってなんだろう

こんにちは『銀座治療室はり香』谷です(^^)


前回は“冷え”についてお話ししましたが、今回は“むくみ”について、先ずは東・西、双方の視点から見て見ましょう!


目次

◯東西医療から見る“むくみ”

◯東洋医学で“むくみ”にアプローチ

◯“むくみ”を解消する食材は?

◯毎日の健康と美容は日々の心がけから!




◯東・西医療から見る“むくみ”


西洋医学、いわゆる現代医学的には“むくみ”は、細胞と細胞の間に不要な水分が増える、または停滞した状態のことを言います。


東洋医学的にも“むくみ”は、体内に溜まった余分な水分により生じる、と考えます。

この時、五臓(=いわゆる内臓)の働きが悪くなることで、体内の水分の流れが悪くなり、結果として“むくみ”が生じる、と捉えます。

◯東洋医学で“むくみ”にアプローチ


東洋医学的な“むくみ”治療は、体内の水分の流れを整えることで、改善へ導くのです。


先ず、食べ物やはり飲み物から得られた水分は、五臓のうち“脾”(消化器)で吸収され、“肺”に運ばれて全身を巡り、最終的に不要な水分は“腎”(泌尿器系)に運ばれて排出されるのです。


また、この水分の流れの調整役に“肝”(肝臓)が関わっている、と考えます。

したがって、これら内臓の働きを改善することで“むくみ”解消のサポートをしていこう!

というのが東洋医学的な”むくみ”に対する考え方であり、アプローチ方法なのです。


実際の治療では、“むくみ”に関係していると考えられる五臓(内臓)と結び付きのある、体表に張り巡らされている「経絡」や経絡上に点在する「経穴」(=ツボ!)を使って、鍼(はり)や、お灸(おきゅう)を施し、むくみにくい身体つくりをサポート。


また、マッサージによって、血流やリンパへ働きかけることで局所的、全身的に“むくみ”を改善する方法もあります。



◯“むくみ”を解消する食材は?

残暑厳しいこの季節、水分塩分のの取りすぎや睡眠不足、立ち仕事など、血液の巡りが悪くなったり、身体の水分バランスの乱れ等で発生する“むくみ”。

このような場合の“むくみ”は普段の生活の見直しで改善する事ができます。※1


先ずは普段のお食事を見直してみませんか?

【すいか】

・利尿作用を高めて“むくみ”を改善

→リンゴと一緒にミキサーにかけてスムージーはいかがですか?


【レタス】

・利尿作用と身体の余分な熱を除く働き

→レタス300gに水カップ2で煎じて飲むと利尿効果で“むくみ”改善!


【とうもろこし】

・利尿作用に優れる他、糖尿病や尿路結石にも用いられる

→実500gを煎じて飲みます!(実はヒゲの方が薬効に優れているそう)


【ハトムギ】

・利尿作用の他、イボなどのオデキの改善

→ひきわりタイプならお米と混ぜて炊いても!(私は毎回お米に粟とハトムギを混ぜて炊いてます!)


いかがでしょうか?

今の時期に手に入りやすい食材もありますね!

ただ、夏の野菜や果物には、身体を冷やす作用もありますので、食べ過ぎは禁物ですよ!

程々に、季節の恵みを味わいつつ、辛い“むくみ”を解消していきましょう!

◯毎日の健康と美容は日々の心がけから!


人生を支える健康、そして、その健康の根幹となる“食”。

毎日のことなので、その影響は図り知れませんね!


日頃の小さな心がけが、あなたの日々の健康をサポートしてくれているかも知れません。


そして、困った時には『銀座治療室 はり香』に、是非お立ち寄りくださいませ。

お困りの症状を一緒に改善していきましょう!


お一人お一人のお身体に、じっくりと向き合い、心を込めて施術をいたします。

※1 :根本幸夫『台所漢方 食材&薬膳手帳』池田書店;2015,12,25

17回の閲覧

 

© 2019 harika with Qiroom Qinowa.